日立造船健康保険組合-因島総合病院

看護部の方針・目標

因島総合病院看護部の方針・目標

outside_680

基本方針

1.患者様の権利を尊重し、倫理に沿い全人的に捉えた看護を提供します。
2.看護専門職としての能力を高め、安全で安心な看護を提供します。
3.他職種と連携をとり、チーム医療の推進に努めます。
4.地域との連携強化を図り、地域医療に貢献します。
5.働きやすい職場環境作りを行います。
6.健全な病院経営に貢献します。

行動目標

1.安全で質の高い看護を提供する。
1)個人情報保護法を遵守し、患者に対し誠意ある対応を行い、
  倫理を基盤とした品位ある行動がとれる。
2)看護の基本的知識、技術及び接遇の院内教育の充実。
3)院外研修会への積極的な参加を行う。
4)安全管理・感染管理の基本を徹底する。
5)看護補助者の業務整理と教育研修の実施。

2.チーム医療の推進を図る。
1)患者ケア・退院支援に向けて、他職種と連携をとり、カンファレンスを密に行う。
2)医療安全管理チーム院内巡視による安全対策の徹底
3)NST・褥瘡対策チームによる栄養評価・嚥下評価・口腔ケア等の充実。

3.地域医療に貢献する。
1)急性期病院からの転院依頼は積極的に受け入れ、後方支援病院の役割を担う。
2)開業医や周辺施設と積極的に顔の見える関係を作り、患者が安心して自宅又は施設に
  帰られる環境を作る。

4.働きやすい職場づくり
1)非正規職員採用による勤務形態の工夫。
2)何でも話し合える職場環境を作る。
3)子育て中の職員を支援する、病児保育室開設。

5.病院経営に貢献
1)病床の効果的な運営を図る。
2)診療報酬改定に伴い、研修を受講して知識を深める。
3)退院調節を円滑に行う。
4)コスト意識をもって物品、薬品管理をする。

第3病棟

日々のケアが、安全・安楽が守られ安心して入院生活が送れるよう心がけています。
みんなで輪になり、ホウ・レン・ソウで患者様をケアします。

3F

第4病棟(療養病棟)

患者様が「その人らしく生きる」ため、家族のような気持ちで療養上のお世話をさせていただいています。

4F

第5病棟

職員が仕事も家庭も大切にし、笑顔で患者様おひとりおひとりの闘病生活を支える努力をしています。

5F

外来

優しい声かけをし、一人暮らしの高齢者が、かかりやすい外来を心がけています。skg01

透析室

患者様が安全・安心・安楽な透析を行えるようスタッフ一同頑張っています。
フットケア、バスキュラ管理、貧血管理を中心に患者様へのご指導を行っています。skt01

退院調整部門(地域連携室)

患者様とご家族が、ご自宅で笑顔で生活できるよう支援をします。

地域連携

地域に愛されて100年 TEL (0845) 22-2552 救急患者様は365日対応

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
印刷する
PAGETOP
Copyright © 因島総合病院 All Rights Reserved.